煉瓦の壁、茶系がベースとなり、鮮やかなグリーンに赤のテントが印象的なレストラン。

450e4db04fd0a279c25f65f5853f6f79_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この視覚情報が、見る側(お客様)を無意識にインプットされた状態で・・・店内の色合いや雰囲気を無意識に想像しながら店内へ。

中は、外観と同じく煉瓦の壁にグリーン。

その雰囲気で席を案内してくれたスタッフのユニフォームが・・・何と!

service01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エッ?

可愛いけど、ちょっとイメージ違いませんか?

選んだ理由を聞くと「スタッフの女の子の好みで選びました!着たいものを選んだんです!」と返答。

着るのはスタッフですから、スタッフ自身が気持ちよく着るために、スタッフに選ばせることを全否定はできませんが、本当にそれでいいのでしょうか?

ユニフォームは、「動くディスプレイ」です。

スタッフが、ユニフォームを着て動き回るのですから、その色もデザインも素材も・・・全体の雰囲気が店のイメージを作り上げて行きます。

外観、店内の雰囲気、また価格帯にそのユニフォームのイメージが合っているのか、十分検討されているのでしょうか?

店のイメージ、ブランディングのためにもユニフォーム選びは重要です。

着るのはスタッフなわけですから、意見を聞くことは大切ですが、十分に店のコンセプト、ターゲット(顧客層)、グレードを理解したうえで選びましょう!

ユニフォームをご相談は・・・プランニングオフィス“色楽”

092-260-7395

info@color-shikiraku.com