ブランディングデザイン色楽では、

「ブランド」とは、「ある一定の方向性を持ち、商品やサービス、企業を識別させ、価値を付加するもの」だ と定義しています。  

コンセプトやブランドへ向けた詳細が鮮明になり、ネーミングが決まれば、ロゴマークを作成する段階に入ります。

その作成は、とても大事な作業です。

ロゴマークは、どのような商品や店舗、サービスであるのかを表現するモノでなければなりません。

ブランドに対するイメージやコンセプト、信頼感などの価値をユーザーに伝えるツールでもあり、お客様と企業をつなぐコミュニケーションツールと言っても良いでしょう。

「なんとなく好きな形や色だから・・・」という曖昧で一人よがりな理由で作ってしまうと評価を得られない可能性があります。

ここでもコンセプトがポイントになってきます。

何を伝えたいのか?伝えるために最も有効な形は何なのか?書体は?サイズは?色は?

これらのすべてのバランスが揃わなければ、良いロゴマークにはなりません!

基本的にロゴマークはデザイナーに依頼します。

その際にブランディングに対する想いやコンセプトを伝え、ロゴマークを使用する場所などの細かい指示が必要になります。

これまでの経験から「おシャレなのお願い!」というような大雑把な依頼ではデザイナーも困惑し、修正回数も増え、誰からも好んでもらえないものができてしまいます。

コンセプトを明確に伝えることができれば、どんな線、形、柄、色などが適しているかをデザイナーであれば掴めるはずです。(ただし、独りよがりなデザインに固執するデザイナーはNG

安価だからとか速くできるからといって妥協して作成するモノではありません。

ロゴマークは、社内外に自社の想いやコンセプトを明確に発信するものなのですから依頼する側も真摯な態度で臨むことをおすすめします!


 

 

 

 

 

 

 

 

 【毎月第3火曜日開催】ブランディングアドバンス講座

2017年2月21日(火) 16:00〜18:00

【内容】

ブランディングへの一歩を踏み出していただきます!
・決算書からの経営分析から見るブランディングの必要性
安全性分析、成長性分析、・生産性分析

・ブランディングとは?
「ブランド」についての基礎解説とワークショップ

【お問い合わせ先】
ブランディングデザイン色楽
TEL 092-260-7355